HIDETAKAさん & MISATOさん
やりたいことは全部やってだわり抜いた結婚式。こんな結婚式ならまた来たい!
♡BMX Wedding

ボーベルにお越しいただくカップルは、半数以上が「まだ、何も決まってなくて…」とおっしゃる場合が多いのですが、このおふたりには、すでにいろんなご希望があり、私は一生懸命メモを取りながらお話を伺いました。

新郎HIDETAKAさん「美味しい料理を出したいんですよね。あ、 BMXって知っていますか?披露宴でそれをやりたいのでスペース的に大丈夫なところで!床板は持ち込みますので。
それと、僕、前にお寿司握っていたので、僕が披露宴でお寿司を握ることはできますか?
それを両家の両親に食べてもらって、僕たちのファースバイトもお寿司っていうのはどうですか?
挙式は地元の筥崎宮で、僕の父が宮司さんと昔からの知り合いなので。
それで、新婦の白無垢姿をみんなにも見て欲しくて、
ビデオ撮影をいれてエンドロールっていうんですかね?それを披露宴のラストに上映して挙式の様子を見てもらいたいんです。
でもですね、山本さん、できれば!できれば!チャペルの中でもウェディングドレスで写真を撮りたくて、当日、新婦の両親とかにも見せたいし……全部できますか?」などなど。

おふたりが、やりたいと言ったことにはすべてに意味があって、どれもはずすことはできません。
この他にもいろいろとお話しを伺いながら、おふたりの希望がすべて叶って、イメージ以上の一日になればいいな…と、いう想いで準備がスタートしました。

会場は「気兼ねなく、やりたいことをすべてやれるところにしましょうね!」と、3人で時間をかけて検討し、福岡市内のアークホテルロイヤルに決定。

衣裳選びでは、コーディネーターさんと私から「お似合いだと思いますよ!」とおすすめしたドレスに、新婦は「いやぁ~、これはない! 絶対ににない!」と言いつつも、私たちの「一回だけ、着てみませんか?」という言葉に押され試着すると、「これだぁー!!」と笑顔で納得していただきました。

誰にでも、イメージする自分の姿があるものです。おふたりは自分が着たいと思う衣裳を着るのが一番です。でも私たちプランナーは、おふたりには新たな自分も発見していただきたくて、プロの目線で少しだけアドバイスをさせていただくこともあり、それを素直に受け入れていただいた1コマでした。

挙式が神前式に決まると、新婦のお母様は「白無垢姿もいいけど、純白のウェディングドレス姿も見たいな…」と思います。
そして、お父様は「バージンロードがないってことは、一緒に腕を組んで歩くことはできないのか…」と思います。
「衣裳はたくさん着たいんです!でもお色直しが多いとゲストと過ごす時間が減りますよね…」というご希望に対するご不安は、進行の作り方とお色直しをしてくれる美容師さんの腕が解消してくれます。
ボーベルではいつもスムーズに、新婦様には4着の衣裳を楽しんでいただいているんです。

このおふたりも「挙式では白無垢を、披露宴入場は豪華に色打掛を、お色直しは即決したカクテルドレスを、そして、やっぱり最後は新婦の両親、親戚にウェディングドレス姿を見てほしいんです」と、4着にしました。  

準備が進み、司会者ともより細かい進行を確認をしながら、「こうアナウンスしよう」とか、「このタイミングでこういう紹介を入れよう」と念入りに打ち合わせして、待ちに待った結婚式当日。
自転車パフォーマンスのBMXの準備は、前日から参加されるメンバーにご協力いただき、会場内に専用の板を敷き詰めていました。なんといってもこのBMXのチームワークが素晴らしく、団結力で準備からリハーサル、本番までの進行もスムーズで、私も楽しみでした。
ゲスト2人が自転車を担いで入場し、かわるがわるいろんなパフォーマンスを披露。はじめて見るゲストも多く、たくさんの拍手がおこりました。

ケーキ入刀をした後に、新郎はこっそりとバックヤードに移動し、割烹着姿に変身。
ホテル料理長のサポートで、HIDATAKAさんが「これまでの感謝とこれからもよろしくお願いします」という想いを込めて握ったお寿司を御両家の親御様の元へ運びました。
新婦へはお寿司でファーストバイト。MISATOさんの「おいしいー!」の一言で、会場に笑い声があふれました。

楽しいにぎやかな披露宴が進行し、最後のお色直しで、新婦様がウェディングドレス姿で入場してきました。
入場口に立つ新婦MISATOさん。マイクを手に、目に涙をいっぱいに浮かべ、なかなか声が出せません。
「お父さん、一緒に歩いてください!」とお父様を呼び、高砂で待つ新郎様の元へ進みました。
涙が止まらないMISATOさん。隣で涙をこらえるお父様。大切に育てられたからこそ、この日を迎えることができました。
両親に心から感謝しているふたり。そんな両親に自分たちは何ができるだろう…その想いこそが、お二人が結婚式を行う意味でした。

たくさんの笑顔と、たくさんの感動と、たくさんのありがとうに、こだわりと想いを詰め込んだふたりらしい結婚式になりました。

新婦MISATOさんの屈託のない笑顔は最高です。ボーベルの看板やHPの表紙にも掲載をご協力いただいています。

プランナー:山本由貴

★Wedding Data
 会場:アークホテルロイヤル福岡天神
 挙式:筥崎宮
 人数:勤務先・親族・友人 117名

★Wedding key word
 筥崎宮/BMX/自転車/ファーストバイト/寿司/エンドロール/白無垢/色打掛/ウエディングドレス/カクテルドレス